ケータイ辞書JLogosロゴ 伊丹町(近代)


兵庫県>伊丹市

 明治4〜22年の町名。川辺郡のうち。伊丹村が改称して成立。明治7年,北少路・昆陽口・中少路・円正寺・外城・高畑・外崎・野田・植松・大広寺・上外崎・下市場の12か村を合併。同12年川辺郡役所が置かれた。同14年の戸数2,053・人口5,617。江戸期以来続いた伊丹宿駅は同5年廃止されて陸運会社ができ,同8年内国通運会社に合併された。伊丹警察署は同16年西宮警察署の分署から昇格して発足し,尼崎・広根などに分署を置いた。明治6年私立伊丹小学校が旧近衛家会所の一画に開校,同11年喜多(北村)・有明(猪名寺村)の2校を合併,同15年に町立となり,同17年大鹿小学校(大鹿村)を合併,同20年には新校舎が完成した。明治17年肥前小城藩出身の儒者太田北山が開いた私塾弘深館も教育界に大きな影響を与えた。同18年小西興業場がランプ口金の製造を始めた。同22年伊丹町の大字となり,当町飛地は稲野村の一部となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7387856
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ