ケータイ辞書JLogosロゴ 伊丹町(近代)


兵庫県>伊丹市

 明治22年〜昭和15年の川辺郡の自治体名。伊丹町・天津村・北村・北河原村・大鹿村の5町村,および千僧村飛地が合併して成立。旧町村名を継承して5大字を編成。役場を伊丹中ノ町に設置。明治24年の戸数2,383,人口は男3,549・女3,617。世帯数・人口は,大正9年2,145・9,537,昭和5年3,010・1万3,833。大正15年郡役所を廃止。江戸期以来の酒造業は次第に衰えたが,代わって由多加織・マッチ・ラムネなどの工場が明治24〜30年に開設された。また,酒造業者の出資による伊丹銀行も明治29年に創業(昭和13年池田実業銀行に合併)。大正8年東洋リノリューム,同11年伊丹製絨所,昭和2年堀抜帽子製造所,同9年松谷商店(でんぷん製造)伊丹工場,同13年上野商店(製薬)伊丹工場設立。明治24年尼崎〜伊丹間に川辺馬車鉄道が開通,同26年軽便蒸気機関車を使用し,池田まで路線を延長して摂津鉄道となった。もともと軍港舞鶴と大阪を連絡することをねらっていたこの鉄道は,同30年阪鶴鉄道会社となり,同32年福知山まで路線を延長し,同40年官設鉄道福知山線となった。大正9年阪神急行電鉄伊丹支線(塚口〜伊丹間)開通。明治35年県立伊丹中学校,同40年町立裁縫学校(大正12年裁縫実修女学校と改称),大正10年郡立高等女学校(翌11年県に移管)が開校。大正末期から住宅地経営が盛行,西台地区の耕地整理(29万坪余,昭和10年完了)を皮切りに,阪神急行電鉄の新伊丹住宅地(9万5,000坪,同年),大鹿地区耕地整理(4万坪余,同8年竣工,桜ケ丘1〜8丁目),緑ケ丘土地建物による緑ケ丘一帯(奥谷池周辺の開発15万坪,昭和7年販売開始)など大規模な開発により急速に住宅都市化していった。昭和15年伊丹市の一部となり,5大字は同市の大字に継承。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7387857
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ