ケータイ辞書JLogosロゴ 市村(近世)


兵庫県>三原町

 江戸期〜明治22年の村名。三原郡のうち。慶長15年池田忠雄領,元和元年からは阿波国徳島藩領。市組に属す。村高は,「郷帳下書」207石余,「天保郷帳」では古くは市村・福長村・上中原村3か村と見え478石余,「旧高旧領」646石余。福長村・上中原村は各々が「元禄郷帳」に一村として見え,「郷帳下書」には記されない。元禄〜宝暦年間に当村の一部となったと思われる。寛永4年の検地帳(三原町中央公民館蔵)には国府市村と見え,高100石余,田畑32町8反余のうち田はわずか4反余。「味地草」では,高640石余,家数239。文化8年の棟付帳(同前)によれば,家数273・人数1,077,馬31・牛103。淡路人形発祥の地とされる三条村が当地に隣接し,当村にも22軒の道薫坊廻百姓(人形遣い)が居住していた。当村の市村六之丞座は三条村の上村源之丞座に次ぐ古い歴史をもつ座元で,宝永2年豊後国府内藩での興行の記録が残る(日本庶民文化史料集成7)。福永(長)・上中原・宮地の3か所の支村があり,福永は寛永年間浦壁大池(浦壁村)の池守役であった喜田久助によって開墾された(三原郡史)。上中原は社家村の中にあり,正保年間に開墾。宮地は寺内村・立石村・大久保村に囲まれた地域で,もと宮地原とよばれる原野であったが慶安年間に開墾された。神社は戎神社のほか官道沿いに若宮神社がある。戎神社の門前では,かつて月6回の定期市が立ったが,宝永年間頃から年2回になったという(味地草)。同社に隣接して慶安年間創建の浄土宗法蔵寺がある。明治10年小井【おい】村・青木村・善光寺村・円行寺村を合併,ただし上中原は上田村に,宮地は天野村に編入,同16年市村外2村(三条村・十一ケ所村)戸長役場が当村に設置された。翌17年三原郡役所(大正15年廃止)の庁舎が市組福永に完成し,以後三原郡行政の中心として発展した。同17年市村局(現淡路三原郵便局)を旧青木村に設置。明治13年(一説に12年)正新小学校,同20年市簡易小学校開校。明治19年の戸数322・人口1,743,田33町余・畑14町余・宅地18町余・山林原野12町余(三原郡統計概表)。同22年市村市市組・市小井組・市青木組・市円行寺組・市善光寺組となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7387868
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ