ケータイ辞書JLogosロゴ 市野保村(近世)


兵庫県>新宮町

 江戸期〜明治22年の村名。播磨国揖東郡のうち。一野保・市保村・市ノ保村とも書いた。もと島津義久領。慶長5年姫路藩領,元和3年新宮藩領,寛文10年幕府領,同12年からは竜野藩領。村高は,天正16年の島津義久知行目録(竜野市史5)では「いちのほう村」として320石,元和3年409石余(竜野市史2),「正保郷帳」市保村として341石余うち田298石余・畑42石余,「天保郷帳」345石余,「旧高旧領」346石余。元和3年の高は池田三左衛門内検地による2割増石で,郷帳類の高と実質は同じである。当村は大豆納が認められ,大豆1石は米8斗として扱われた(新宮町史)。延宝検地帳(同前)によれば免は本田畑6ツ3分・新田2ツ5分。神社は,越部八幡神社。同社には大永6年の遷宮札,天文21年の御頭次第札などが残り,この地方で最も古い神社だという(同前)。寺院は薬恩寺(おやくしさん)。明治22年越部村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7387899
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ