ケータイ辞書JLogosロゴ 市原村(近世)


兵庫県>村岡町

 江戸期〜明治22年の村名。但馬国七美【しつみ】郡のうち。慶長6年からは旗本山名氏の知行(明治元年村岡藩領)。村高は,「国高一紙」169石余,「天保郷帳」214石余。鎮守は等余神社,もと坂本大明神と称す。同社は元亀元年頃までは当村と耀山【かかやま】・高井・寺河内・大糠・福西の6か村の産土神であったという(増補七美郡誌稿)。同社西に馬場頭という地名が残っていた(同前)。ほか神社に宇賀谷社などがある(同前)。明治9年采典校創立,当村と寺河内・耀山・宿・日影・作山・高井の7か村が就学区域。同22年一二分村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7387932
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ