ケータイ辞書JLogosロゴ 稲土村(近世)


兵庫県>青垣町

 江戸期〜明治22年の村名。丹波国氷上郡のうち。もと豊臣氏蔵入地・田口与左衛門領。はじめ柏原【かいばら】藩領,のち幕府領を経て,旗本永見氏・同能勢氏の相給。村高は,文禄4年頃341石余,「丹波国郷帳」330石余うち田265石余・畑64石余,「氷上郡郷村帳」380石余うち山役24石余・小物成13石余,「天保郷帳」でも380石余。「丹波志」によれば,家数120。産土神は弁才天(のちの浄丸神社)。ほかに八幡神社・天満神社がある。寺院は臨済宗恵照山(虚堂山)大灯寺。ほかに釈迦堂(大堂)・通り堂などがあった(氷上郡志)。明治22年神楽【しぐら】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7387998
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ