ケータイ辞書JLogosロゴ 井上村(近世)


兵庫県>三木市

 江戸期〜明治22年の村名。播磨国美嚢【みなぎ】郡のうち。井ノ上村とも書いた(元禄郷帳)。もと豊臣氏蔵入地。慶長5年姫路藩領,元和3年明石藩領,同7年幕府領,元禄16年旗本一柳氏知行,天保13年からは再び明石藩領。村高は,「正保郷帳」497石余うち田425石余・畑71石余,「元禄郷帳」(竜野市立図書館蔵)も497石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに517石余。嘉永5年の「播磨国三木郡志」によれば,田の反別33町余,家数58・人数277,牛32,神社は天神社,寺院は浄土宗響谷山林鐘寺。林鐘寺は元和9年創立。このほか千体地蔵がある。これは,本尊が天平3年行基菩薩の作と伝えられ,堂の正面に佐々木玄竜の筆による扁額がかかり,小さな石地蔵が約1,000個あるところからこの名がある。明治15年の耕地101町2反余,戸数57・人口298(播磨国地種便覧)。同22年志染村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7388031
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ