ケータイ辞書JLogosロゴ 井草村(近世)


兵庫県>三田市

 江戸期〜明治22年の村名。有馬郡のうち。猪ノ草・井ノ草・井之草・井野草とも書く。明和5年当村から長坂町が分かれた。はじめ三田【さんだ】藩領,慶長7年丹波国福知山藩領,元和6年幕府領,寛永3年からは再び三田藩領。村高は,「摂津高改帳」井之草村として401石余,「正保郷帳」では井野草村・長坂町として392石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに406石余。当村の庄屋であった中村宅には濠址があり,赤松氏の家臣中村氏の居館址という。神社は,天満神社。ほかに雨の宮(河童神社)という小祠があり,雨乞の神として有名であった。寺院は,曹洞宗峰原山正明寺。同寺の十一面観音像は楠木正成の念持仏と伝える。明治17年の地誌編纂調によれば旧反別14町余,高282石余,戸数31・人口155,牛22,物産にナタネ4石5斗・柿2万個とある(三田市史)。同22年本庄村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7388038
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ