ケータイ辞書JLogosロゴ 井野原村(近世)


兵庫県>新宮町

 江戸期〜明治22年の村名。播磨国揖東【いつとう】郡のうち。井ノ原村・井原村とも書いた。もと豊臣氏蔵入地。慶長5年姫路藩領,元和3年新宮藩領,寛文10年からは旗本池田氏知行。村高は,元和3年696石余(竜野市史2),「正保郷帳」580石余うち田536石余・畑43石余,寛文10年の旗本池田氏知行郷帳留(姫路市史10)によれば増高696石余(池田三左衛門内検地2割高)・高580石余,「天保郷帳」703石余,「旧高旧領」714石余。御領内村々諸事控(斉明寺家文書)によれば,天保13年の開方・入草小物成米12石,糠藁・竹藪・川運上小物成銀140匁,7月20日・8月20日両日生鮎上納計95疋,免は増高基準の6ツ9分,この場合年貢率が高率になるため「四分土免」の法によって年により用捨される仕組みになっていた。御巡見ニ付領内諸事写留(同前)によれば,天保9年の家数112・人数391,牛65。諸事仕来控帳(同前)によれば,慶応4年の家数109・人数405,牛37。入会山は揖保川対岸井原村にあり,しばしば山論があった。村は宍粟街道・因州作州街道の脇道に沿い,地内砂子は町場化していたため,新宮町の一部としても把握された。鎮守は,神社3。寺院は,真宗大谷派潮音寺。明治14年の戸数107・人口469(播磨国地種便覧)。同22年新宮村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7388055
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ