ケータイ辞書JLogosロゴ 今市村(近世)


兵庫県>龍野市

 江戸期〜明治22年の村名。播磨国揖西【いつさい】郡のうち。慶長5年姫路藩領,元和3年竜野藩領,万治元年幕府領,寛文12年からは竜野藩領。村高は,「正保郷帳」367石余うち田328石余・畑39石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに375石余。竜野藩領分明細帳(八瀬正秋文書/竜野市史5)によれば,「峰相記」に古くは揖保下村と称したと記され,のち下村の称を忌んで今市村と改めたとある。宝暦年間の同帳(矢本博文書/同前)によれば,高373石余,田28町6反余・畑4町6反余,家数79,山札・茶役銀20匁余。家数・人数は,天明8年83・359,文久2年64・302。寛政年間には隣村である讃岐国丸亀藩領袋尻村との間で街道筋の地境をめぐって争っている(竜野市史5)。弘化年間からの出田富祗によるものなど多くの寺子屋があった。寛延元年の寺社控帳(同前)に見える当村の社寺は,若宮・荒神祠・荒神2・浄土真宗一行寺。明治9年の戸数65・人口282,作間には摂津国方面へ水車稼ぎに出ている。明治14年の戸数67・人口291(播磨国地種便覧)。同22年揖保村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7388086
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ