ケータイ辞書JLogosロゴ 浦壁村(近世)


兵庫県>三原町

 江戸期〜明治10年の村名。淡路国三原郡のうち。天正14年の淡路国御蔵入目録(脇坂文書)に「浦かへ村」が見える。慶長15年池田忠雄領,元和元年からは阿波国徳島藩領。市組に属す。村高は「郷帳下書」127石余,「天保郷帳」293石余,「旧高旧領」437石余。「味地草」では高436石余うち給人の知行地321石余,家数103。浦壁大池は寛永19年から同20年にかけて市村の喜田久助によって修築工事が行われた。その功績によって池守役となった久助は,この水を引いて福長村(市村の支村)を開いた。用水池はほかに宮ケ谷池・西ケ谷池などがある。享保6年に三原川掛りの12か村と当村との間で大きな水論が起こった。鎮守は若一権現祠で,永禄・天正年間頃島田基綱の創建と伝えるが,かつてあった鐘楼には暦仁元年銘の棟札があったという(味地草)。ほかに赤井八幡(児守の宮)がある。若一権現の裏手の堂山にはかつて宮願寺があり,その廃跡に瑞祥寺がある。本尊摩利支天は厄除開運の仏として郡内の信仰を集めている。明治9年浦壁大池の堤防が決壊し,榎列【えなみ】・松帆などの地域一帯に多くの被害を出した。同10年上田【こうだ】村の一部となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7388452
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ