ケータイ辞書JLogosロゴ 浦上郷(古代)


兵庫県>龍野市

 奈良期〜平安期に見える郷名。「和名抄」播磨国揖保【いいぼ】郡十九郷の1つ。東急本の訓は「宇良加三」,高山寺本の訓は「宇良加美」。「風土記」に揖保郡十八里の1つとして浦上里が見え,地名由来は,昔,阿曇連百足らが難波の浦上から移ってここに住んだので,元の住居地の名をとって浦上里と称したという。平城宮出土の木簡に「播磨国揖保郡占上郷□家里阿曇⊏」があり,占上郷は浦上郷のことであろう。現在の龍野市のうち揖保【いぼ】町を冠称する地域の南部から揖保郡御津【みつ】町にかけての揖保川下流域と同町西部の海岸部に比定される。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7388455
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ