ケータイ辞書JLogosロゴ 漆野村(近世)


兵庫県>南光町

 江戸期〜明治22年の村名。播磨国宍粟【しそう】郡のうち。もと豊臣氏蔵入地。慶長5年姫路藩領,元和元年山崎藩領,慶安2年幕府領,延享元年出羽国山形藩領,のち明和6年尼崎藩領,のち幕府領(一時期姫路藩・三日月藩の預り地)。村高は,「正保郷帳」261石余うち田88石余・畑173石余。寛保2年の宍粟郡村々御高附帳および,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに263石余。文政10年の家数64(下野組七ケ村五人組連判帳)。全面積の9.3割が山林で,耕地面積0.7割の中で畑地が6.6割を占め,米麦作のほかは大豆・稗・蕎麦を作り,副業として薪炭作りや漆の採取などで生計をたてた。鎮守は松尾神社(明治42年中三河の大森神社へ合祀)。寺院は浄土真宗光福寺で,播磨一本堂の名で知られる。同寺は永禄9年開基,寛永18年大火のため焼失,元禄9年再建。寺の縁起によれば,第7世残真が,聖徳太子の夢告をこうむり,千種町の西土井久にあるケヤキの大樹1本で寺を再建したので播磨一本堂という。大樹の幹にあった太子の木像を,本堂に祀ると伝える。寺内で見渡せる40数本の柱はすべて四方柾で心部を使ったものはない。明治22年三河村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7388471
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ