ケータイ辞書JLogosロゴ 江川郷(中世)


兵庫県>佐用町

 鎌倉期〜室町期に見える郷名。佐用郡佐用荘のうち。建長2年11月日の九条道家惣処分状に「播磨国佐用庄内東庄・西庄・本位田・新位田・豊福村・江河村・赤松村・千草村・土万村」と見え,嫡孫忠家に当村などを譲渡している(九条家文書/鎌遺7250)。南北朝期に入り,当郷などは赤松氏の所領となり,観応元年12月5日幕府は赤松則村の遺領である「播磨国佐用庄内赤松上村・三川村・江川郷太田方・広瀬方・弘岡方・本位田・下得久」などをその子範資に安堵している(森川文書/大日料6‐14)。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7388495
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ