ケータイ辞書JLogosロゴ 多子(中世)


兵庫県>温泉町

 戦国期に見える地名。但馬国二方郡温泉荘のうち。文亀3年2月日付峰遠正清定友名帳写(東大史料編纂所架蔵影写本/温泉町史資料集1)に「温泉庄之内多子名帳之事」とある。当地には峰遠・正清・定友の3名があり,峰遠名は分米9石1斗余・畠方470文,正清名は分米6石5斗余・畠方457文,定友名は分米9石2斗・畠方605文と記されている。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7388550
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ