ケータイ辞書JLogosロゴ 多井田村(近世)


兵庫県>滝野町

 江戸期〜明治22年の村名。播磨国加東郡のうち。もと豊臣氏蔵入地。慶長5年姫路藩領,元和3年幕府領,正保2年赤穂藩領,元禄14年幕府領,のち天保14年からは陸奥国棚倉藩領。村高は,「正保郷帳」では多田村と見え146石余。うち田131石余・畑14石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに167石余。なお「天保郷帳」には当村を含む北野村など12か村の立会新田97石余(のちの蜷子野【になごの】新田)が見える。天保7年の村明細帳では,家数56・人数237,職業別人数は木挽6・大工4・材木商9。弘化3年の明細帳では,家数50・人数227,牛20,職業は木挽2・大工2・水車油稼1・材木商5。慶長10年当村と北野村の間に両村の一部を割いて新町が成立。日蓮宗妙見寺は明治13年日薫上人の開基。社堂は八幡神社・大日堂・薬師堂。薬師堂の本尊は,多可郡金蔵山・社町田中の薬師堂の本尊とともに一木三体薬師と呼ばれ,癩病に効験があるという。正月12日に薬師堂のカンジョつりが行われるほか,各家に小カンジョをつり下げ,病魔をふせぐ風習がある。当村は加古川岸にあるが船着場はなく,当村近くに闘竜灘があるため村民の中には上流からの筏の解体・組みなおしに従事する者が多かった。明治6年の掘割り水路の開通と明治初年の上滝野村との漁業権訴訟の敗北が当村の生活を根底からくつがえしたという。明治15年の戸数61・人口377。同22年加茂村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7388553
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ