ケータイ辞書JLogosロゴ 大袋村(近世)


兵庫県>加美町

 江戸期〜明治13年の村名。播磨国多可郡のうち。もと豊臣氏蔵入地。慶長5年姫路藩領,寛永16年からは幕府領。村高は,「正保郷帳」152石余うち田56石余・畑95石余,延宝検地帳157石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに159石余。文化5年の御城米滝野高砂出明細(藤賀家文書/加美町史)によれば,年貢は50石余。延宝検地帳によれば,小物成は山手銀20匁6分・藪役銀9匁4分。文政7年の免状(加美町史)では,ほかに藍瓶役米3升2合がある。反別は,延宝検地帳で田9町余・畑10町1反余・屋敷5反余。同検地帳の名請人28。寛延2年7月の洪水による畑3反歩の川欠・川成の願書をはじめ,同様の報告や改め願などが多く残る。広田の新開田の水利について丹治・大袋両村間に水論があり,文政9年和解。明治3年の大袋村物産書上帳(加美町史)によれば,米120石・麦50石・粟5石・稗2石・蕎麦4石・大豆8石・小豆3石・大根2,000貫・菜1,000貫・蒟蒻玉7駄(約250貫)・凍蒟蒻25万枚・茶10駄(360貫)。また明治5年の諸物品製造高書上には,凍蒟蒻54万6,000枚・繭250貫・浜糸12貫500匁・番茶5駄を記す。三谷村の大歳神社が古来の鎮守。地内には川東の北端,杉原川を見下ろす岩壁の上に鎌足神社がある。延宝検地帳に見える観音堂・弥勒堂のうち観音堂のみが現存。明治13年大箸村の一部となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7388873
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ