ケータイ辞書JLogosロゴ 大袋(近代)


兵庫県>加美町

 大正12年〜現在の大字名。はじめ杉原谷村,昭和30年加美村,同35年からは加美町の大字。もとは杉原谷村大箸の一部,甲。明治13〜29年にかけ大箸郵便局が置かれた。同30年県道が南北に貫通し,沿道に大神宮社(のち商売繁盛を願って摂津西宮の恵比須神を勧請),多可銀行杉原谷支店,合資会社や各種商店が次々に立ち並んだほか,これらの北方に蒸気エンジンで操業する杉原製材会社や巡査駐在所も設置された。昭和46年県道の西に大袋バイパス(同57年国道427号となる)が開通。昭和46年加美ヤマトハカリ開設。なお,当地は江戸期以来川東に集落,川西に田地と分かれ,明治22〜30年には大江勝太郎により耕地整理も行われており,川西のバイパス開通や工場敷地造成には抵抗があった。昭和59年川東を町道川東線が開通。昭和8年の世帯数68。同55年のブロイラー用鶏約1万,織布工場2・織機22台。同57年の田161反余。同60年杉原谷幼稚園が市原から新築移転。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7388874
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ