ケータイ辞書JLogosロゴ 岡村(近世)


兵庫県>黒田庄町

 江戸期〜明治22年の村名。播磨国多可郡のうち。はじめ姫路藩領,寛永16年幕府領,享保6年幕府領姫路藩預り地,延享3年からは一橋家領。村高は,「正保郷帳」565石余うち田516石余・畑48石余,「元禄郷帳」「天保郷帳」「旧高旧領」ともに480石余。集落は,本村・前所・下岡・新田。新田は大篠新田とも称し,地内北東部山沿いに切開かれ,寛文6年の新開帳では3町4反余うち3町1反余が下畑,延宝5年の検地帳では4町4反余で,のち明治期には桑が植栽された(黒田庄町史)。筬【おさ】の製造が行われ,寛政年間檜皮屋根屋笹倉茂兵衛が丸歯筬を京都から伝えたというが,それ以前に当村の藤原五兵衛が並筬を伝えていたともいう。幕末期盛時の製造家数30・職人100であった(同前)。神社は,五社大明神・御歳大明神・山王神社・若宮神社・地主神社・稲荷神社。五社大明神は延暦3年創建の式内社で,氏子は大志野郷6か村と津万郷蒲江村。同社の長床式拝殿は桃山期のものという。寺院は,真言宗明鏡山神通寺・臨済宗妙心寺派西岡山極楽寺。神通寺は五社大明神の神宮寺で,のち明治初年廃寺となった。極楽寺は天正11年村上源太広直開基・創建の福谷山極楽寺を起源とし,もとは地内東部山麓の福谷にあったという。明治6年兵主神社社房を仮校舎として雄嘉【おか】小学校開校。同12年の戸数84・人口377,田52町余・畑3町余・宅地3町余・山林87町余・ほか5町余(同前)。同22年黒田庄村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7388945
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ