ケータイ辞書JLogosロゴ 小神村(近世)


兵庫県>龍野市

 江戸期〜明治22年の村名。播磨国揖西【いつさい】郡のうち。慶長5年姫路藩領,元和3年竜野藩領,万治元年幕府領,寛文12年からは竜野藩領。村高は,「正保郷帳」796石余うち田741石余・畑54石余,「天保郷帳」567石余でほかに当村枝郷出屋鋪村として250石余があり,「旧高旧領」818石余。寛文12年竜野藩領郷村高帳(竜野市史5)では,高562石余ほか新畑2石余,別に小神村出屋敷として高250石余が記される。竜野藩領分明細帳(八瀬正秋文書/竜野市史5)には小神を注記する出屋敷が寛永20年に分かれたとある。宝暦年間頃の同帳(矢本博文書/同前)によれば,高565石余,田37町5反余・畑10町8反余,家数94,別に小神を注記する出屋敷として高250石余,田20町8反余,家数33,山札役銀9匁を記す。寛文9年の村絵図(竜野市史5)によると,中央を東西に赤穂街道469間が通り,東端・西端に池があり,南西に出屋敷が記される。同12年の播州竜野之絵図(同前7)によれば当村から日山村にかけて侍屋敷があり,33区画・8,996坪,ほかに足軽長屋など4区画・1,420坪があった。寛延元年の寺社控帳(同前5)に見える当村の社堂は,三宝荒神社・大上護祠・三宝荒神社・毘沙門堂など。明治初年までに小神出屋敷を分村したとされるが,同5年には再び当村の一部となる(県市町村合併史)。同22年平井村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7388959
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ