ケータイ辞書JLogosロゴ 奥小屋村(近世)


兵庫県>新宮町

 江戸期〜明治22年の村名。播磨国宍粟【しそう】郡のうち。はじめ姫路藩領,元和元年山崎藩領,延宝7年幕府領,元禄10年からは三日月藩領。村高は,「正保郷帳」44石余うち田8石余・畑35石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに45石余。寛文年間の下村氏手控(山崎町史)によれば四ツ成高80石余,免6ツ2分9厘,田1町余・畑4町余,小物成銀174匁余,家数19(うち本役8・半役5・無役6)・人数154,馬1・牛34,楮役銀4匁6分3厘・紙舟役銀3匁5分。当村は山間部に位置したため,再々山論が起こっている。享保年間に地内西山の帰属をめぐって当村と山崎藩領市場村・高下村との間に山論があった。この山論は,もと高下・市場両村の請所であった西山が当村の三日月藩領編入とともに領主変更となったことによる。このため市場村の浪人時友五郎左衛門が村人に代わって幕府に直訴した。彼は処刑されたが西山一帯は山崎藩領となったという。寛政12年には当村内の12か村入会山を6か村入会にしようとする動きもあったが,もとどおりの裁許となった(同前)。神社は,八幡神社・明神社。明治14年の戸数33・人口163(播磨国地種便覧)。同22年菅野村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7389017
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ