ケータイ辞書JLogosロゴ 奥谷村(近世)


兵庫県>吉川町

 江戸期〜明治22年の村名。播磨国美嚢【みなぎ】郡のうち。はじめ柏谷村と称した。慶長5年姫路藩領,元和3年明石藩領,延宝7年幕府領,享保15年大坂城代土岐氏領,寛保3年幕府領,延享3年からは三草藩領。村高は,「正保郷帳」では柏谷村300石余うち田254石余・畑45石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに339石余。なお,「元禄郷帳」には「古ハ柏谷村と申候,奥谷村」と見える。享保17年鉾立原野をめぐって沖・永門前・早田の3か村を相手に山論を起こしている。延享3年播磨に移封された丹羽氏は,はじめ当村に陣屋を設置しようとして準備にかかったが,屋敷を大坂玉造口から加東郡三草に移したため,設置は中止となった。こののち当村庄屋山田新六が三草藩美嚢郡の大庄屋となった。神社は城山稲荷神社・天満神社・大歳神社・愛宕神社・大神宮神社2社・金刀比羅神社・聖天社・八王寺社。寺院は曹洞宗大歳山陽春寺。明治6年陽春寺に箱木村誠成小学校の分校開設,もと三草藩士清水正勝を教師とした。明治9年の戸数64・人口265。同13年頃の地租改正反別は田46町3反余・畑1町2反余・宅地2町3反余・山林原野126町1反余(吉川町誌)。同22年奥吉川村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7389032
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ