ケータイ辞書JLogosロゴ 尾崎村(近世)


兵庫県>関宮町

 江戸期〜明治22年の村名。養父郡のうち。もと八木氏領,のち宮部継潤・羽柴秀長領。文禄4年出石【いずし】藩領,慶長9年からは幕府領。村高は,「国高一紙」349石余,「天保郷帳」337石余。神社は,地内山根・和多田に八幡神社。山根の八幡神社はもと八木氏の氏神で,家臣中島兵庫をもって社領20石・鳥居1宇・神馬2匹を献じ,領主の参詣もしばしば行われたという。神楽・流鏑馬なども行われたが,羽柴秀吉の社領没収によって衰微した(養父郡誌)。寺院は,山根に曹洞宗竜河山林泉寺,和多田に浄土真宗大行山普賢寺。林泉寺は慶安3年創建。普賢寺は元和5年創建。明治22年関宮村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7389115
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ