ケータイ辞書JLogosロゴ 大名草村(近世)


兵庫県>青垣町

 江戸期〜明治22年の村名。丹波国氷上郡のうち。もと豊臣氏蔵入地・山口右京領・田口与左衛門領。はじめ柏原【かいばら】藩領,慶安3年幕府領,元禄8年からは再び柏原藩領。村高は,文禄4年頃445石余,「丹波国郷帳」443石余うち田214石余・畑229石余,「氷上郡郷村帳」471石余うち山役22石8斗・小物成3石余,「天保郷帳」でも471石余。「丹波志」によれば,家数146。産土神は鹿野馬神社。寺院は真言宗石光山常滝寺・浄土宗妙見山正覚寺。ほかに氷上郡観音巡礼18番札所の観音堂がある(氷上郡志)。明治22年神楽村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7389193
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ