ケータイ辞書JLogosロゴ 小野村(中世)


兵庫県>波賀町

 鎌倉期〜室町期に見える村名。播磨国宍粟【しさわ】郡三方西のうち。正応3年8月2日の関東下知状に「播磨国小野村在家壱宇〈光国付七段廿歩,田参段,号御園〉」と見え,中村光時の後家に当村の在家1宇が安堵されている。正和5年6月27日の関東下知状によれば,当村内の所領は中村光時の後家光阿から家政,さらに尼音阿に譲渡され,元応2年には音阿から養子丹治孫一丸に譲渡された。中村氏は武蔵国秩父郡三山郷の地頭で,承久の乱後,当村の地頭となった。応永6年4月8日の大河原(中村)左衛門大夫宛て赤松義則目代書下状にも「三方西小野村〈神戸地頭職加定〉一分地頭職」と見える(中村文書)。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7389214
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ