ケータイ辞書JLogosロゴ 釜屋村(近世)


兵庫県>浜坂町

 江戸期〜明治22年の村名。但馬国二方郡のうち。もと豊臣氏蔵入地。慶長10年旗本宮城氏知行,正保元年幕府領,寛文8年豊岡藩領,享保12年からは幕府領。村高は,元和3年の二方郡高帳5石余,寛永4年の二方郡高帳新高18石余,延宝5年の二方郡中高書付,享保12年の京極氏引渡高,「国高一紙」はともに5石余,「天保郷帳」6石余。近世初期頃2km谷奥の通称ダンの地から移住して来て集落を成したというが不詳。戸数は,宝暦10年29,嘉永元年28,嘉永3年28,明治7年27,同11年29。正徳4年の海役1斗余,山役・綿役・小物成など1石余。文化10年当村と諸寄村とで鰯網論争があった。嘉永元年の牛1(浜坂町史)。鎮守は三柱神社。明治22年西浜村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7389602
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ