ケータイ辞書JLogosロゴ 上莇原村(近世)


兵庫県>新宮町

 江戸期〜明治22年の村名。播磨国揖西【いつさい】郡のうち。上芥原村とも書いた。はじめ姫路藩領,元和3年竜野藩領,万治元年幕府領,天和元年幕府・竜野藩の相給,元禄10年からは竜野藩・三日月藩の相給。村高は,寛永13年旧岡部氏領高辻帳(竜野市史5)124石余,「正保郷帳」上芥原村として124石余うち田78石余・畑45石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに137石余。なお,竜野藩領分明細帳(八瀬正秋文書/竜野市史5)によれば竜野藩領分96石余・乃井野(三日月)領分39石余となっている。延宝検地帳(新宮町史)によれば免は本田畑5ツ・新田3ツ,石盛は本田の上田1石4斗8升8合・中田1石3斗2升2合・下田1石7升4合・下々田8斗2升7合,古新田の上田1石8斗・下々田1石とある。寺院は,明応4年聞道開基と伝える浄土真宗本願寺派浄教寺(揖保郡誌)。明治6年原亀小学校開設。同22年西栗栖村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7389631
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ