ケータイ辞書JLogosロゴ 上石井村(近世)


兵庫県>佐用町

 江戸期〜明治22年の村名。美作国吉野郡のうち。もと宇喜多氏領。慶長8年美作国津山藩領,元禄10年幕府領,慶応元年からは明石藩領。村高は,享保2年の美作鬢鏡,「天保郷帳」ともに263石余,「旧高旧領」178石余ほか当村のうち東町分85石余。なお,東町分(現岡山県)は明治初年までに分離され,同5年当村に合併,同14年岡山県吉野郡西町村の一部となる。「東作誌」によれば,高178石余,家数32・人数129。氏神は上石井八幡神社。寺院は真言宗高野山派相応寺。明治9年岡山県に所属。同14年青木村を合併。同22年石井村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7389639
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ