ケータイ辞書JLogosロゴ 上牛尾村(近世)


兵庫県>市川町

 江戸期〜明治22年の村名。播磨国神東郡のうち。江戸前期牛尾村が上牛尾村と下牛尾村に分村して成立。寛文10年下牛尾村に庄屋が置かれているので,この頃の分村と思われる。「元禄郷帳」には「古ハ牛尾村」として上牛尾村・下牛尾村とある。姫路藩領。村高は,寛延年間426石余(神崎郡誌),「天保郷帳」「旧高旧領」ともに437石余。なお,「正保郷帳」でも上牛尾村667石余とあるが,これはのちの上牛尾村・下牛尾村を合わせた牛尾村の村高である。万治2年〜宝暦7年の間に6度の新田開発により田畑1町3反余・高10石余が開発された。寛保元年万書上帳(笠形神社所蔵文書)によれば,家数154・人数774,牛33。住民は農業のほか薪炭生産の山稼ぎに従事した。岩戸奥山には近隣41集落の入会山269町余がある。村内は岩戸(本村)・塩谷・半瀬・寺家の4集落からなる。鎮守は岩戸大明神社(のちの岩戸神社)・中宮大明神社・西宮大明神社。明治5年中宮大明神社・西宮大明神社は笠形神社となる。ほかに王子権現社がある。寺院は天台宗帰見山笠形寺・曹洞宗大岳山福泉寺。笠形寺は白雉年間法道仙人開創といわれる。明治5年福泉寺に小学校開校。同12年半瀬に上牛小学校新設。同14年の戸数189・人口838(播磨国地種便覧)。同22年瀬加村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7389647
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ