ケータイ辞書JLogosロゴ 上篠村(近世)


兵庫県>新宮町

 江戸期〜明治22年の村名。播磨国揖東【いつとう】郡のうち。上笹村とも書いた。もと豊臣氏蔵入地。慶長5年姫路藩領,元和3年新宮藩領,寛文10年幕府領,同12年からは竜野藩領。村高は,元和3年429石余(竜野市史2),「正保郷帳」357石余うち田275石余・畑81石余,「天保郷帳」460石余,「旧高旧領」468石余。なお,元和3年の高は池田三左衛門内検地による2割増石で,「正保郷帳」357石余と実質は同じである。揖保川が村の中心部を流れていたため,元和年間〜元禄年間にかけて4町7反余,高にして71石余が川欠高となっている(上笹区有文書)。寛文12年の下札によれば,永荒59石余,毛付高298石余・免6ツ1分でこの年貢183石余,新田高46石余・免4ツ5分でこの年貢20石余,小物成渋・竹皮・茶などに10匁5分(武田家文書)。宝暦末年頃の家数128(矢野家文書)。当村には枝村2か村があり,うち出屋敷は慶長13年頃開かれ,寛文4年頃には新田115石余にのぼり,新宮藩最大規模であった(新宮町史)。この出屋敷の帰属をめぐり吉島村との間で享保12年〜寛保3年にかけて争論が起こった。大坂町奉行所の裁許によって吉島村分となったが,揖保川筋が大幅に変わり当村にとって不利益ではなかったという(上笹区有文書)。文政年間には堤防普請をめぐって再び吉島村との間に争論が起こった。これは当村側が強固な堤防を築いたため,右岸吉島村側の堤防決壊危惧から生じた(新宮町史)。鎮守は,牛頭天王社(北山神社)。寛延元年の村々寺社并境内間付控帳(山下家文書)によればほかに薬師堂2・荒神社2・山神3・八幡社1など。寺院は,浄土真宗本願寺派円妙寺。明治14年の戸数139・人口609(播磨国地種便覧)。同22年香島村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7389717
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ