ケータイ辞書JLogosロゴ 上瀬加村(近世)


兵庫県>市川町

 江戸期〜明治22年の村名。播磨国神東郡のうち。勢賀荘に属した。もと豊臣氏蔵入地。慶長5年からは姫路藩領。村高は,天正年間では上勢賀村292石余(神崎郡誌),「正保郷帳」では上世加村459石余うち田353石余・畑106石余,寛延年間570石余(同前),「天保郷帳」「旧高旧領」ともに584石余。村内は本村の御室と枝村の戸安に分かれている。文化7年の諸色明細帳によれば,高573石余,本田畑39町余・新田畑1町余,家数111(高持91・水呑20)・人数501,牛45,小物成は犬米2斗余・柿役米2斗余・茶役米6升余・草藁銀285匁・薪札運上銀28匁・惣山役銀46匁・猪役銀2匁(瀬加村誌)。特産物はマツタケ。農業のほか山稼ぎする者も多い。鎮守は下瀬加村の天神社(のちの天満神社)。寺院は曹洞宗松寿山福林寺。ほか御室に松林庵がある。明治6年福林寺に啓蒙校開設,同12年大門に新校舎落成,勢加校と改称し下瀬加村の児童も通学するようになった。明治14年の戸数122・人口468,田61町余・畑1町余・山林176町余・秣場133町余(播磨国地種便覧)。同22年瀬加村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7389740
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ