ケータイ辞書JLogosロゴ 苅屋(近代)


兵庫県>御津町

 明治22年〜現在の大字名。はじめ御津村,昭和22年からは御津町の大字。明治24年の戸数156,人口は男396・女365,馬3,寺院2,50石以上の船1・小船14。同36年苅屋浦漁業組合(昭和24年からは苅屋漁業協同組合)設立。また,先に丸亀藩から給されていた60石の賑恤米が32石に減少したとき共有財産が作られており,さらにそのうちから3,000円を割いて勧農社を創設し,明治39年には苅屋信用販売購買組合に改組した。大正10年未開地であった近藤新田を成山徳三郎が買収し再開発に着手,昭和11年干拓地を完成して成山新田と改めた。その後再び荒廃したが,同22年国・県の補助を得て開拓工事が始まり,同36年70町余の干拓地が完成。はじめ麦・甘藷を栽培したが,近年人参・大根・馬鈴薯・メロン・甘藷などの近郊野菜産地の指定を受け,姫路・阪神方面へ出荷している。昭和7年滝川セルロイド(現タキロン)誘致,同10年操業開始。同22年浜田(現姫路市)に開校した御津村室津村組合立御津中学校が,同23年当地へ新築移転。同26・29年講堂・校舎を増築したが,同33年朝臣の統合校舎へ移転。同60年文化センターが完成。昭和10年の世帯数163・人口870。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7389955
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ