ケータイ辞書JLogosロゴ 川上村(近世)


兵庫県>大河内町

 江戸期〜明治22年の村名。神西郡のうち。もと豊臣氏蔵入地(生野奉行所支配)。のち元和元年からは幕府領。村高は,「正保郷帳」60石余すべて畑方,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに66石余。元和元年の反別8町余(川上区有文書)。延宝5年検地帳(同前)では,反別11町余,高66石余うち田35石・畑27石余・屋敷3石余,はじめて田高が見える。また,同検地では,竿先出目6石余・新開3石余が記録されている。主力は山林業。古来より共有山が多く,山に関するきめ事が多い。砥峰は屋根萱の生産の場であり,萱刈りは各戸家の規模に応じ,萱刈り束数がきめられており,輪番で屋根葺をした。延宝5年検地帳でも,突落山・砥峰山・原地山・丈山・たくみ谷山は「高山場広山故不及検地・村中薪取場・小物成銀拾匁」としている。川上鉱山は永享年間に開発,銀・銅を産出,文安年間頃隆盛。寛政2年には幕府巡見使が派遣されている(大中家文書)。千町・栃原生野・小田原・但馬・長谷街道の諸道があり,長谷街道以外は山越の峠道を利用。千町街道の峠,宍粟【しそう】郡境のナガソウには茶店などがあり,田畑・神社もあったという。一宮町との交流も深く姻戚も多い。栃原生野街道は代官所への道であり,生野の変で尊皇攘夷派平野国臣らが宍粟へ逃避した道とされている。神社は大歳・山神社・若宮の3社(のち2社は明治42年大歳神社に合祀)。寺は真言宗安楽山福田寺。明治7年応化小学校開設。同9年の戸数63・人口351。同12年の田反別16町余(神崎郡誌)。同22年長谷村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7389977
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ