ケータイ辞書JLogosロゴ 川辺郷(古代)


兵庫県>市川町

 奈良期〜平安期に見える郷名。「和名抄」播磨国神埼郡五郷の1つ。高山寺本の訓は「加波乃倍」で,さらに「国用川述」とする。「風土記」に神前郡六里の1つとして川辺里が見え,地名は市川東岸の近辺に在ることによるという。里内には勢賀【せか】・星肆【ほしくら】・川【とがわ】山がある。現在の市川町東川辺・西川辺が遺称地。同町東川辺・西川辺・小畑・浅野・屋形・上田中・北田中・西田中および福崎町南田原・西田原・東田原・大貫を含む地域に比定される。その後,保延7年6月23日の鳥羽院庁下文案によれば,川述南条に田原荘が立荘されている(九条家文書2/図書寮叢刊)。川辺郷は平安後期に南条と北条に二分され,平安末期以降南条は田原荘となり,北条は国衙領として存続したと推定される。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7389996
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ