ケータイ辞書JLogosロゴ 観音寺村(近世)


兵庫県>加美町

 江戸期〜明治13年の村名。播磨国多可郡のうち。もと豊臣氏蔵入地。慶長5年姫路藩領,寛永16年からは幕府領。村高は,「正保郷帳」167石うち田93石余・畑73石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに156石余。反別は,慶長検地で田8町9反余・畑5町5反余,延宝検地帳で田8町8反余・畑5町4反余・屋敷4反余。延宝検地帳での名請人33,小物成は山手銀18匁。万延元年の御城米滝野着覚帳(藤田家文書/加美町史)によれば年貢は30石余。樺坂鉱山は,中町牧野の入角鉱山,豊部の寺谷鉱山とともに元和年間から江戸忠八という山師が11か年間採掘した(十三番銀山方留書/加美町史)。樺坂鉱山の開発は中世にさかのぼる。正徳4年の産銅量5,400斤(県史4)。鎮守は,豊部村の五社神社。延宝検地帳に大歳之森(のちの大歳神社)が見える。社伝によれば,明応年間生野より来住の鉱山関係者が鉱山の鎮護神として奉祭,明治年間鉱山付近より現在地に遷座。郷領は,杉原川沿いの豊部郷領と山沿いの観音寺郷領とに二分され,豊部郷領は延宝検地に際し豊部村に編入された。観音寺郷領11軒も明治12年豊久間村の一部となった。郷領と観音寺村との境をなす安田【あんでん】河原は,鉱毒水をまとめて流し,田への流入を防止すべく土木工事をしたので,安田の名を冠することになった。同13年大箸村の一部となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7390077
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ