ケータイ辞書JLogosロゴ 久谷村(近世)


兵庫県>浜坂町

 江戸期〜明治22年の村名。二方郡のうち。もと豊臣氏蔵入地。慶長10年旗本宮城氏知行,正保元年幕府領,寛文8年豊岡藩領,文化3年からは幕府領。村高は,元和3年の二方郡高帳では当村と高末・正法庵・辺地【へつち】の4か村を合わせて久斗谷中として353石余,寛永4年の二方郡高帳新高195石余,延宝5年の二方郡中高書付72石余,享保12年の京極氏引渡高86石余,「国高一紙」72石余,「天保郷帳」88石余。戸数は,文化3年68,嘉永元年67,明治7年74,同11年76。明和6年の大凶作では,豊岡藩領の年貢米を収納する対田村御蔵所の米が2度にわたって大量に盗み出され,庄屋重郎兵衛は追放・村払い・田畑没収などの罰を受けたが,隠れた義民として評価を受けている。嘉永元年の牛15(浜坂町史)。鎮守は八幡神社,境内には薬師堂・地蔵堂・六地蔵堂・太子堂・観音堂・愛宕神社がある。また,集落内に修験大宝院跡・弥勒寺跡がある。室町期から伝わるざんざか踊と江戸期から伝わる端午の節句前日の菖蒲綱引きの行事がある。明治22年大庭村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7390472
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ