ケータイ辞書JLogosロゴ 国安村(近世)


兵庫県>稲美町

 江戸期〜明治22年の村名。播磨国加古郡のうち。姫路藩領。村高は,「正保郷帳」633石余うち田546石余・畑81石余・天神社領5石,「元禄郷帳」(竜野市立図書館蔵)628石余,「天保郷帳」863石余,「旧高旧領」865石余。寛延3年の家数109・人数618。耕牛の数も江戸中期では全国基準が村高100石に9匹のところ,3.2匹と当地域でも最少。神社は氏神天満神社のほかに八坂神社と大年神社がある。天満神社は近隣の総氏神で,白雉4年創建と伝え,はじめ王子権現を勧請,寛平5年池大明神を主神とし,のち菅原道真,次いで市杵島姫命を合祀,境内8社がある。また,同社若宮が近隣に多い。隣村中村の円光寺は,もと八坂神社の隣にあって光明院と称した。墓地に応安元年の銘のある五輪塔と,明徳元年の銘のある宝篋印塔がある。明治14年の戸数74・人口351。同22年天満村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7390526
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ