ケータイ辞書JLogosロゴ 黒崎(近代)


兵庫県>御津町

 明治22年〜現在の大字名。はじめ御津村,昭和22年からは御津町の大字。明治24年の戸数147,人口は男337・女316,馬5,寺院1,50石以上の船8・小船8。同36年黒崎浜漁業組合が設立されたが,昭和13年岩見浦漁業組合と合併。明治末期から大正初期にかけて揖保郡会議員・兵庫県会議員を歴任した堀林之助は新舞子を開発し,潮干狩り・海水浴でにぎわう現在の基を築いた。昭和43年綾部山国有林を開墾して2万3,000本のウメを植樹。同46年未曽有の集中豪雨により新舞子災害が発生。同48年町営国民宿舎新舞子荘開設。同52年町民体育館完成。昭和10年の世帯数110・人口551。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7390704
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ