ケータイ辞書JLogosロゴ 香呂村(近世)


兵庫県>香寺町

 江戸期〜明治22年の村名。神西郡のうち。南条郷に属した。香炉村とも書いた(寛文印知集)。姫路藩領。村高は,「正保郷帳」518石余うち田443石余・畑75石余,寛延年間645石余(神崎郡誌),「天保郷帳」646石余,「旧高旧領」651石余。江戸前期に段丘下の平地の美田化が進んだことがわかる。これは,それまで悩まされた恒屋川・矢田部川の氾濫の克服が姫路藩によって推し進められたことを示す。明治初年には大妻堰【おおつまゆ】の改良工事が行われた。それまでは矢田部川を大きく湾曲させて,段丘下の用水に矢田部川の水を利用してきた。第2次大戦後に大妻堰がコンクリートで補強されるまでは,堰利用村の各戸から1人足宛を持って堰塞に出た。神社は,もと南条郷の総氏神であった一原大明神(のち一原神社)。明治12年の反別は田47町2反余・畑7町9反余・宅地4町余(神崎郡誌)。同22年香呂村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7390942
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ