ケータイ辞書JLogosロゴ 小苗村(近世)


兵庫県>黒田庄町

 江戸期〜明治22年の村名。播磨国多可郡のうち。はじめ姫路藩領,寛永16年幕府領,享保6年幕府領姫路藩預り地,寛保2年からは幕府領,宝暦年間に一時赤穂藩預り地。村高は,「正保郷帳」110石余うち田86石余・畑24石余,「元禄郷帳」192石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに193石余。年貢・諸役は,山年貢・柏役・川役・鉄砲役・六尺給米・御伝馬宿入用米・御蔵前入用金・酒造冥加銀・油絞冥加銀などがあった(小苗区有文書)。宝暦12年の人数166(人数改め届帳)。集落は山麓から低地へ移動したといわれ,開発の功労者村上五郎左衛門の頌徳碑があり,銘に彼の没年である正保3年の年号や宝暦3年建立小苗村中の記銘がある。神社は,斎大明神(現古奈為神社)・大歳大明神。寺院は,真言宗平野山就泉寺があったが,明治初年廃寺となる。また東部山中にある弥勒堂の近くには尼ケ寺という寺跡や塔の尾という塔跡がある。明治12年の戸数48・人口191,田20町余・畑2町余・宅地1町余・山林82町余・ほか19町余,材木卸5うち1は呉服小売兼業,雑貨商2。同13年の物産に茶25貫・養蚕繭25貫(黒田庄町史)。同22年黒田庄村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7391079
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ