ケータイ辞書JLogosロゴ 塩野村(近世)


兵庫県>安富町

 江戸期〜明治22年の村名。宍粟【しそう】郡のうち。享保6年頃から明治8年頃までは東塩野村と呼称。もと天正8年神子田半左衛門領,同12年黒田孝高領,同15年木下勝俊領。のち慶長5年姫路藩領,同18年備前国岡山藩領,元和元年山崎藩領,延宝7年幕府領。正徳2年大坂城代内藤氏領,享保5年幕府領(寛保元年まで姫路藩預り地),延享元年出羽国山形藩領,同3年幕府領三日月藩預り地,宝暦2年上野国高崎藩領,同13年幕府領(明和元年から三日月藩預り地),明和6年からは尼崎藩領。村高は,「正保郷帳」205石余うち田107石余・畑87石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに207石余。検地は慶長13年・慶安3年。村内は東塩野と西塩野に分けられる。寛文年間の下村氏手控(下村武家文書)によれば,小物成106匁余うち楮役11匁余・茶役1匁余・山畠役67匁余・馬役25匁余・桑役真綿60目,家数55・人数317,馬26・牛36。元禄6年の宍粟郡村々反別郡玉帳(田路勝家文書)には,神社に歳大明神(現大歳神社),寺院に一向宗道場(現了円寺)が載る。浄土真宗本願寺派禅住山了円寺は西の山上の禅寺が改宗して山を下ったと伝える。寛政9年類焼。ほかに薬師堂がある。尼崎藩では菜種油の専売制を実施,寛政年間領内村で菜種栽培を勧め藩に収納させた。天明飢饉には天明3年凶作御手当米12石,同4年御救銀352匁余(171人分)支給(土居睦平家文書/ふるさと安富)。明治6年了円寺に感化小学校設置,翌7年植木野に移転。同14年の戸数97・人口364(播磨国地種便覧)。同22年安師【あなし】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7391600
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ