ケータイ辞書JLogosロゴ 下徳久村(近世)


兵庫県>南光町

 江戸期〜明治22年の村名。佐用郡のうち。もと宇喜多氏領。慶長5年姫路藩領,元和元年平福藩領,寛永8年山崎藩領,慶安2年幕府領,元禄10年からは三日月藩領。村高は,「正保郷帳」639石余うち田458石余・畑181石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに691石余。もとは東徳久・西徳久と当地を合わせて徳久と称したという。天保9年の庄屋手帳によれば,高683石余,反当平均1石1斗6升7合,免平均6割7分余,家数113・人数532,牛76(間島家文書)。氏神は八幡神社。寺院は浄土真宗本願寺派法覚寺。千種川筋で洪水の被害が大きく,なかでも大田井は,民家に浸水することも稀ではなかった。明治2年の戸数141・人口481。同5年法覚寺に徳林小学校設置。同14年佐用坂峠改修。同22年徳久村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7392051
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ