ケータイ辞書JLogosロゴ 瀬川村(近世)


兵庫県>安富町

 江戸期〜明治22年の村名。播磨国宍粟【しそう】郡のうち。もと天正8年神子田半左衛門領,同12年黒田孝高領,同15年木下勝俊領。のち慶長5年姫路藩領,同18年備前国岡山藩領,元和元年山崎藩領,延宝7年幕府領。正徳2年大坂城代内藤氏領,享保5年幕府領,姫路藩預り地,延享元年出羽国山形藩領,同3年幕府領三日月藩預り地,宝暦2年上野国高崎藩領,同13年からは幕府領(のち一時三日月藩預り地)。村高は,「正保郷帳」64石余うち田33石余・畑30石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに64石余。検地は慶長13年・慶安3年。寛文年間の下村氏手控(下村武家文書)と元禄6年宍粟郡村々反別郡玉帳(田路勝家文書)では小物成47匁余うち楮役11匁余・山畠役22匁余・馬役14匁余。下村氏手控によれば,家数20(本役4・半役14・無役2)・人数118,馬8・牛9。宍粟郡村々反別郡玉帳によれば,神社に鎮守(現火魂神社),寺院に一向宗日動山妙福寺(永禄8年開基)があり,ほかに薬師堂があった。明治9年妙福寺に三川小学校設置。同14年の戸数87・人口355(播磨国地種便覧)。同22年安師【あなし】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7392533
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ