ケータイ辞書JLogosロゴ 狭戸村(近世)


兵庫県>安富町

 江戸期〜明治22年の村名。播磨国宍粟【しそう】郡のうち。もと天正8年神子田半左衛門領,同12年黒田孝高領,同15年木下勝俊領。のち慶長5年姫路藩領,同18年備前国岡山藩領,元和元年山崎藩領,延宝7年幕府領(宝永2年から京都町奉行中根氏預り地),正徳2年大坂城代内藤氏領,享保5年幕府領(寛保元年まで姫路藩預り地),延享元年出羽国山形藩領,同3年幕府領三日月藩預り地,宝暦2年上野国高崎藩領,同13年幕府領(明和元年から三日月藩預り地),明和6年からは尼崎藩領。村高は,「正保郷帳」352石余うち田306石余・畑45石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに352石余。検地は慶長13年・慶安3年。寛文年間の下村氏手控(下村武家文書)によれば,小物成43匁余うち楮役15匁余・茶役3分・山畠役2匁余・栗役2匁・馬役23匁余・漆役5分余・桑役真綿100匁,家数38(本役9・半役21・無役8)・人数244,馬16・牛24。元禄6年宍粟郡村々反別郡玉帳(田路勝家文書)によれば,観音堂(現大歳神社境内に所在)・薬師堂(廃絶,仏像は観音堂に現存)・地蔵堂・歳大明神(現大歳神社)・妙見・山神2・荒神・道祖神があった。寛政年間尼崎藩は菜種栽培を奨励,藩が収納。天明飢饉に際し,藩は天明3年凶作御手当米17石,同4年御救銀96匁余(47人分)支給。文化7〜11年植木野との間に藤田山御林跡柴草山論があった(土居睦平家文書/ふるさと安富)。明治14年の戸数72・人口277(播磨国地種便覧)。同22年安師【あなし】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7392546
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ