ケータイ辞書JLogosロゴ 寺前村(近代)


兵庫県>大河内町

 明治22年〜昭和30年の自治体名。はじめ神西郡,明治29年からは神崎郡に所属。新野村・野村・比延村・寺前村・鍛冶村・大河村・上岩村・高朝田村・宮野村・南小田村・上小田村が合併して成立。旧村名を継承した11大字を編成。なお,野村は大字野村となる。役場を寺前に設置。明治24年の戸数628,人口は男1,774・女1,693。世帯数・人口は,大正9年784・3,934,昭和25年977・5,002。大正7年藤後製紙工場稼働。昭和10年小田原川漁業組合が創立され,アユの放流を始める。同13年の和牛飼育戸数316・飼育頭数323。同30年大河内町の一部となり,11大字は同町の大字に継承。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7393521
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ