ケータイ辞書JLogosロゴ 栃原村(近世)


兵庫県>安富町

 江戸期〜明治22年の村名。播磨国宍粟【しそう】郡のうち。もと天正8年神子田半左衛門領,同12年黒田孝高領,同15年木下勝俊領。のち慶長5年姫路藩領,同18年備前国岡山藩領,元和元年山崎藩領,延宝7年幕府領(宝永6年〜正徳4年林田藩預り地),享保元年からは安志藩領。村高は,「正保郷帳」84石余うち田9石余・畑75石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに84石余。検地は慶長13年・慶安3年。寛文年間の下村氏手控(下村武家文書)によれば,小物成358匁余うち楮役55匁余・茶役21匁余・山畠役257匁余・栗役2匁余・馬役21匁余・桑役真綿150匁余,家数47(本役8・半役31・無役8)・人数278,馬10・牛34。田が少なく畑の多い山村で焼畑も多く,山林からは薪炭・茅などを産出。寛文年間には紺屋灰を生産,宝永3年〜享保7年安志谷南9か村が北3か村(栃原・末広・皆河)の入会山への入会権を主張する山論があり,北3か村は敗訴を重ね,幕府評定所の裁決で勝訴した。神社は天満宮(現天満神社)・水尾明神・建速社。寺院は大永3年開基の一向宗板倉山正源寺。同寺は板倉三郎太夫が頂戴した蓮如上人筆六字名号を安置した道場に始まり,2回の火災に水を噴き焼けず「火除けの名号」と呼んで今に伝える(板倉山正源寺由緒書・富栖村郷土誌)。地蔵堂は江戸中期の立像石仏を祀る。「播州宍粟郡誌」には枝村平岩・上垣内・杉垣内・きしをあげる。村内北部は平岩・上垣内・杉垣内,南部は道場垣内(現寺垣内)・殿垣内・走尾に分かれる。明治14年の戸数71・人口270(播磨国地種便覧)。同22年富栖村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7393705
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ