ケータイ辞書JLogosロゴ 波賀野村(近世)


兵庫県>篠山市

 江戸期〜明治22年の村名。多紀郡のうち。古市村・見内村・波賀野新田村が当村から分村するが,分村年代は不詳。もと豊臣氏蔵入地,天正15年戸田勝隆領,文禄3年豊臣氏蔵入地。のち八上藩領,慶長13年からは篠山藩領。村高は,天正15年庄内高帳393石余,慶長13年丹波多紀郡桑田津之国帳410石余,「丹波国郷帳」でも410石うち田365石・畑45石余,天明3年高附帳229石余ほか藤左衛門・喜左衛門分154石余,「丹波志」383石余,「天保郷帳」古市・見内・波賀野新田各村を含め502石余。古検地天正15年・文禄3年。新検地承応2年〜明暦2年。新開検地延宝8年など。天明3年高附帳によれば,家数53・人数237。「多紀郡明細記」によれば,租率51.5%,山役2石4斗,茶役京小堀様納,家数48・人数210,牛22。鎮守は出雲大明神(篠山封疆誌)。承応2年新検地で高3石8斗余除地となり,別当寺天台宗東嶺山神宮寺があった。ほかに稲荷大明神がある(県神社誌)。字古屋敷に制札場・郷蔵があった。明治22年古市村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7394944
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ