ケータイ辞書JLogosロゴ 安口村(近世)


兵庫県>篠山市

 江戸期〜明治22年の村名。丹波国多紀郡のうち。もと豊臣氏蔵入地。慶長14年からは丹波国亀山藩領。南組36か村のうち。亀山藩領と篠山藩領との境をなしていた。村高は,「丹波国郷帳」298石余うち田259石余・畑38石余,ほかに松平山城守(篠山藩)知行加高7石余とあり,天明3年の高附帳302石余,「丹波志」202石余,ほかに高7石余は篠山城に収め但し川原村へ送るとあり,「天保郷帳」322石余。元禄15年には五人組11組,人数55。曹洞宗安養山観音寺・浄土真宗本願寺派竜王山弥陀寺があり,弥陀寺は寛政7年開創という。また薬師堂がある。明治22年福住村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7395043
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ