ケータイ辞書JLogosロゴ 福留村(近世)


兵庫県>加古川市

 江戸期〜明治22年の村名。加古郡のうち。姫路藩領。村高は,「正保郷帳」136石余うち田131石余・畑4石余,「元禄郷帳」(竜野市立図書館蔵)136石余,寛延2年明細帳247石余(うち永引69石余),「天保郷帳」247石余,「旧高旧領」249石余。なお,「元禄郷帳」には当村枝郷に横市新村が見え,元禄年間以後同村を分村したと思われる。寛延2年明細帳によると,田8町6反余・畑16町4反余で,寛文年間から正徳年間にかけて新畑が急速に開墾されたことがわかり,小物成として犬米5升9合・草藁銀53匁2分1厘・柿渋6合があり,家数33・人数184,牛10,溜池として天和年間完成の奥池,延宝3年完成の谷池,完成年不詳の天か池,かろと池があり,三昧山が2か所あった。氏神は日岡大明神。寛文年間に忠兵衛が他村の2人と協力して福沢新村を開いた。明治8年租税収納目録には,貢米90石余,定納物として藪税1斗余・林税3銭2厘・口米2石余・口金1厘。明治15年の播磨国地種便覧では,戸数61・人口262,田29町余・畑33町余。明治9年横市新村を合併。明治22年神野村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7395843
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ