ケータイ辞書JLogosロゴ 二塚村(近世)


兵庫県>加古川市

江戸期〜明治9年の村名播磨国加古郡のうち曇川下流域の北部に位置する地名の由来は,この地に土器などが採掘された2つの土窟があったことによる(加古郡誌)慶長播磨国絵図(天理図書館蔵)には村名が明記されているが,「正保郷帳」に記載がなく,「元禄郷帳」に「古ハ手末村」とあって,村の起源を確定することはできない正保年間〜元禄年間に手末村から分村したものと思われる姫路藩領村高は,「元禄郷帳」(竜野市立図書館蔵)301石余,寛保2年村明細帳373石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに396石余村明細帳によって村勢をみると,元文2年は家数74・人数414,大工2,牛20,川船1,宝暦14年は家数88(本百姓59・水呑29)・人数389,庄屋1,組頭1,大工2,牛15,高瀬舟1明治8年租税収納目録によると,貢米179石余,定納物として藪税5斗余・茶税2斗余・林税1銭・口米5石4斗氏神は揖東郡峰相山麓の稲根大明神を勧請した(播磨鑑)とされる稲根神社境内に八坂神社・大己貴神社・少名比古神社・金比羅神社があるほかに愛宕社・稲荷社がある明治9年神野村の一部となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7395939
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ